本文へスキップ

SCCSを経営理念に社会と円満な共生を目指す会社

経営理念CONCEPT

SCCS

CEO社会との円満な共生を目指し
お客様、消費者の満足と
社員のその家族、協力先の方々の
幸福のために貢献する


基本方針

日本パッケージング株式会社は
地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、
グループ経営理念(SCCSに貢献する)のもと、顧客ニーズを最優先に
常に次の一手を意識できるように、未来に夢の持てる会社にします。



環境方針

「理念」

日本パッケージング株式会社は、社会の一員として環境の保全が経営の基盤であることを認識し、このことを事業活動のすべてに徹底し、「地球環境を考慮した方法及び材料を用いた、製造・管理できる仕組み作り」の原則のもとに地球環境等に調和した技術・製品を提供し、もって社会の発展に貢献する。

「方針」

1.社員全員が社会の一員として整理・整頓を徹底的に行うことで、地球環境問題を自覚し、環境の目的・目標を定めてその実現を図り、継続的な改善を推進し、汚染の予防に努めます。
2.適用を受ける環境関連法規、協定及びその他当社が同意した要求事項を明確にし、順守します。
3.当社の活動、製品、サービスが係る環境側面のうち、次の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
(1)地球温暖化防止の為に電気、ガス、燃料等の省エネルギー活動に取り組み二酸化炭素(CO2)の排出削減に努めます。
(2)製造プロセス等の改善を通じて産業廃棄物排出量の削減を図るとともに、適正な管理と再資源化を推進します。
(3)有害化学物質排出量削減の為に揮発性有機化合物(VOC)大気排出量削減に取り組みます。
4.この環境方針に基づき、従業員に理解させるとともに、具体的な活動を進めます。
5.製品や操業に関する行政当局及び市民の関心に留意し、正しい理解が得られるよう広報に努めます。


2007年2月1日制定
2010年3月29日改訂
日本パッケージング株式会社
代表取締役社長 湯本雄一

バナースペース

日本パッケージング株式会社

〒340-0121
埼玉県幸手市上吉羽2100-30